プロット中

吉野と町田の4巻(完結巻)のプロットを終えまして、ホッとしつつも過る不安。
「終わり」を描くということは、難しいなあと常々感じてきましたが、シリーズものになるとその重みが更に増しますね。

読んで下さった皆さんにベストと思ってもらうのは難しいとしても、彼らの選択や覚悟を受け止めて頂けたら幸せなことだなあ。と思います。

しかし不思議なのが、どうにも、この吉野と町田というキャラクタは勝手に動くんですよね。
ラストも、当初ぼんやり考えていたものとはだいぶ違うものになりまして、キーボードを叩きながら「そうなるのかー」と後から納得するという、意味の分からない事態に。普段はどっちかというと「このシーンを描きたい」「このセリフを言わせたい」という目標があって物語ができていくんですが、このシリーズに限っては、既に起きたことを描き起こしている感覚に近い。

不思議なことです。

どっかにいるのかな。吉野と町田。


…とは言え、プロットからサムネ、ネームに下書きとやっていく内に結構内容も変わっていくので、本当のラストは私にもまだ分からないのですが。
このページのトップへ