スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMITIA102お疲れ様でした

コミティア102、お疲れ様でした~~!
スペースにお立ち寄りくださった皆さま、ありがとうございました。
腐女子で漫画描きの身で、ほもじゃない創作、しかもカラーイラストで本を出すというのは、気持ち的な意味で初めて尽くしで中々どうして思い通りにならない(テクスチャが殆ど潰れて見えなかった~~~~~~Oh)部分もありましたが、とても楽しかったです。

普段ひとりで創作しているので、誰かと一緒に、しかも4人という人数でものづくり出来たことは新鮮でした。
好きなものも普段の活動の場も違う仲間と一緒にやれる機会というのはいいものですね。

初・コミティアだったのですが、やはり二次創作・女性向けのイベントとはまったく雰囲気が違うように感じました。
年齢層だとかそういうのもあるのですが、一番如実に感じたのはティアズマガジン。
ただのカタログではないと説明されているとおり、参加者のプロ意識が感じられるというか…
発表としての場、というか力試しというか…
なんていえばいいのか、しっくりくる言葉が見つかりませんが、紙面から伝わる熱気に気圧されてみたり。
そして、オススメ本のページを読みながら、ふと、この場に於いて私たちは完全に批評される立場なのだなと、ひしと感じました。

シビアですね。

でもそこが面白い。


更に買い物がですねー
時間足りん!!!!てくらい楽しかったです!!!!
あまりスペースを離れられなかったこともあり、会場の半分ほどしか回れなかったのですが、いやあ…もっとじっくり拝見したかった…帰宅してから、イラストとグッズ(つまり自分の島の付近)ブースを殆ど回ってないことに気がついた…オウ

わーすげーっすげーっってはしゃぎながら、時にそのクオリティに己の作品を思い出し凹みつつ、でもやっぱり素敵な作品を拝見すると胸が躍りますね…!
恩師の「良い作品を見ることを怖がるな」って言葉をしみじみ痛感。
精進します。作品の見せ方もほんと勉強になるです…
あと、男性参加者さんに「うおおおおお描きたい!!!!!!」って思わせられる方が多くて、その実相当胸をときめかせながら会場を練り歩いてすみませんでした…
細い…黒髪…前髪…カーディガン…!!笑

また、思いがけず頂いたご縁もあり、描きたい路線に迷っていたところでもあったのでとても励みになりました。
可能性を絞らず模索しながら、たくさん描いて描いて描いて、もっと「気になる」ものを描いていけるように頑張りたいと思います。
改めて、皆さんのリアクションのひとつひとつを糧にさせて頂いているんだなあと。

イベント後は(ぼっちでしたので!←重要)ふらっと観劇に行って参りまして。
田舎在住で中々生でお芝居を見る機会もないのですが、お芝居、好きなのです。
全然詳しくないけど、好きなのです。
それでまあ腹抱えて笑うわ、息は呑むわ、胸に何かズシっと重たいものを落とされるわ。
感情の洪水に揉まれながら、何より「生きてる」その息遣い、台詞に込められた、実在しない人物の感情の爆発。
それらに圧倒されて来ました。
ちなみに、猫/の/ホテルの「峠越のチ/ャ/ン/ピ/オ/ン」という作品でした。

朝は5:30に新橋で落とされ、夜は23:20に新宿で拾われる(しかもその間に東京駅も眺めに行った)というハードスケジュールでしたが、得るものが大きかったです!
改めまして、ありがとうございました~!


長いなこの記事!笑
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。